魚の目ケア (原因と予防) | 用賀のネイル&まつ毛エクステ・ドクターネイル+CURE(プラスキュア)用賀店

Topics

魚の目ケア (原因と予防)

鶏眼(けいがん)魚の目ケア(原因と予防)について

 

鶏眼(けいがん)魚の目とは?

外観が魚の目の様にみえることから、別名で魚の目(うおのめ)ともよばれている。

圧迫・摩擦などの刺激が、偏った範囲に繰り返して作用する事に生じます。

鶏眼は皮膚の内側に向かって点になって肥厚し魚の目の芯になります。

この芯が神経のある皮膚に達するため、外部からの刺激を受けると激痛になります。

表皮を部分的に切除では完治せず、刺激により拡大増殖を助長すつことがある為、注意が必要です。

<魚の目のイメージ>

赤い矢印の様に、下に下に向かって角質が厚くなる。

真皮層にふれると、激痛が起きる

 

ドクターネイル爪革命の魚の目施術とは?

ドクターネイル爪革命では、専用のマシンでうおのめの芯を削っていきます。

マシンで削る際、水と空気を一緒に放出することで摩擦熱や粉塵をおさえほぼ痛みなく魚の目の芯を削っていきます。(ほぼ無痛施術になります)

<ユーチューブにて施術動画を公開中>

 

ドクターネイル爪革命施術一例

Page Top