魚の目ケア・原因と予防法 | 用賀のネイル&まつ毛エクステ・ドクターネイル+CURE(プラスキュア)用賀店

Topics

魚の目ケア・原因と予防法

魚の目(うおのめ)とは

魚の目(ウオノメ)とは、足裏や指などにできる、硬い角質の塊(かたまり)のことです。外部からの刺激によって角質が厚くなっていき、皮膚の深いところに硬い芯を作ります。歩行などにより芯が圧迫されると、強い痛みを発します。

なぜ魚の目は痛い?

魚の目で真皮の神経が圧迫される状態角質がどんどん溜まって皮膚が厚くなっていくと、皮膚の内側(真皮)に向かって角質が食い込んで増えていき、魚の目の芯ができます。魚の目の芯が神経を圧迫するようになると、痛みを感じます。

魚の目の「芯」ってなに?

魚の目の芯は、簡単に言えば、皮膚の深いところにできた硬い角質の塊です。

セルフケアはご注意!

魚の目の芯は、はさみや爪切り、ピンセットなどを使って簡単に抜き取れるものではありません。セルフケアで芯を取ろうとして雑菌が入ってしまうことも考えられますので、うかつに刺激を与えないようにしましょう。

魚の目ができる場所

足の裏や足の指に多くできます。特に親指・人指し指・中指の付け根にできる方がほどんどです。ハイヒールや窮屈な靴を履くことが多い方の場合、小指の外側、親指の外側、薬指の先にできる場合もあります。件数は多くありませんが、足の指の間にできることもあります。

なぜ”ウオノメ”と呼ばれる?

魚の目の症例画像芯が魚の眼球のように見えるので俗にウオノメと呼ばれています。魚の目の正式名称は「鶏眼(けいがん)」と言います。ちなみに英語ではコーン[corn]と呼びます。中国語では「鸡眼」、韓国語で「티눈(ティヌン)」です。

魚の目とたこの違いは?

角質が皮膚の外側(表面)に向けて厚く硬くなっていくのがタコです。一方、角質が皮膚の内側(深層)に向けて厚く増殖していき、皮膚の深いところに硬い芯をつくり、神経を圧迫して痛みが伴うものを魚の目といいます。共通していることは、両方とも不要な角質のかたまりです。

魚の目と間違えやすいイボ

皮膚の表面から小さく盛り上がったものが魚の目かタコだと思っていたら、実はイボであったというケースもあるので注意しましょう。イボは人に感染してしまう可能性があり、高齢者や小さな子供にうつしてしまう事があるからです。

魚の目やタコは、皮膚に摩擦や刺激が何度も加わるような場所にできますが、イボは違います。さほど刺激・摩擦がないような場所にもできます。特に子どもの手・指先に魚の目が出来たと思っていたら、実はウイルス性のイボであったというケースがよくあります。

イボにはいろいろな種類のものがありますが、ウイルス性のイボを削ったりすると、ほかの部位にも感染が広がってしまう可能性があります。自分で治そうとせずに、真っ先に皮膚科の医師に相談した方が悪化せずに済むでしょう。

なぜ魚の目ができるのか?(原因)

どんな人が魚の目になるの?

2016年4月に当社が実施した「日本人の足の爪切り事情と、足のトラブルについての調査」によると、30代以上の日本人の約40%が魚の目になった経験があるようです。

男女問わず魚の目はできますが、ハイヒールやサンダルでアスファルトの上を歩いたりする女性のほうが、足に余計な負担が大きいので魚の目ができる確率が高いです。魚の目やタコができる原因のほとんどは「足に合わない靴」です。

小さめの靴をはいていると、足が靴に圧迫され続けます。靴幅がせまく、指が両側から圧迫されると、指と指の摩擦が起こります。こうした圧迫や摩擦の結果 、皮膚の表層面にある角質層が分厚く、硬くなって負担や刺激に対抗しようとするのです。ヒフは負担や刺激から自分を守るために固くなり、タコや魚の目になります。

大きめの靴なら足に負担がかからないと思っている方がいるかもしれませんが、靴の中で足が動いてしまい摩擦が起こります。摩擦や刺激はタコや魚の目ができる原因となります。

また、ハイヒールなどをはき続けることによって重心が前に偏り、足裏のアーチがくずれてしまう「開張足」を引き起こしていると、足裏の衝撃を分散吸収してくれなくなる為、魚の目やタコができやすくなります。

では、魚の目ができる原因とは一体何でしょうか?
刺激や摩擦などの直接的な要因と、角質が溜まりやすいなどの間接的な要因が考えられます。

(1)直接的な要因

  • 足に合わないサイズの靴を履いている
  • ハイヒールなどの先端の狭い靴を履き続けている
  • 立っている時の姿勢が悪く、足にかかる体重が偏っている
  • 痛みをかばって歩くなど、歩行時の加重バランスが崩れている

(2)間接的な要因

  • 足の冷え(冷え性)など、新陳代謝が悪い
  • 血行不良から皮膚が硬くなって古い角質がたまりやすい

魚の目ができるのは、刺激に対する人の防御反応があるからです。
繰り返し刺激を受ける場所は、皮膚の防御反応によって角質が厚くなっていきます。厚くなった角質に外部から圧力が加わり続けると、角質が皮膚の内側に押し込まれていきます。やがて皮膚の内側に厚くなった角質の塊(魚の目の芯)ができてゆき、神経を圧迫するようになります。これが魚の目です。新陳代謝が良ければ魚の目ができる前に自然と不要な角質が剥がれることもありますが、角質が溜まりやすい人は魚の目になりやすいと言われています。

これらの要因から、魚の目ができて痛くなるまでの流れは次の様になります。

魚の目ができて痛むまで
  1. いつも同じ場所に圧力・摩擦・刺激が加えられている
  2. 防御反応から皮膚の角質が厚くなる
  3. 角質が皮膚の深部(内側)に向かって厚くなってゆく
  4. 角質の芯ができ、神経を圧迫して痛む

魚の目の治し方・対処方法

魚の目は、痛みの発生原因である芯が残っていると再発してしまいます。魚の目の芯は皮膚よりも深い部分にできるので、芯の部分をしっかりと削らないと完治しません。芯に対するケアをしっかり行い、数ヶ月かけて皮膚の再生を待つことが、跡を残さない適切な処置です。

魚の目(うおのめ)の芯を除去した後の画像

無暗にセルフケアで刺激を与えないように注意してください。魚の目かどうか分からない場合は、専門知識のあるフットケアサロンや病院の皮膚科で診察を受けて状態を見てもらいましょう。その上で、適した措置を選択することをお勧めします。軽度・重度によって対処法は異なりますが、具体的には以下のような選択肢があります。

(1)市販薬を使って自分で治す方法

魚の目の薬が市販されており、液体タイプのほか、絆創膏(バンソウコウ)タイプのものがあります。スピール膏というシール(絆創膏のようなもの)を薬局で購入し、魚の目の部分に貼り付けます。貼りつけた部分の角質層をふやけさせ、白く柔らかい状態にして自分で削り取る方法です。

魚の目の芯がある皮膚をふやけさせるこの対処方法は、角質をやわらかくする作用のあるサリチル酸を含む市販薬を使用し、角質層を2~3日かけて白くふやけさせた後に除去する方法で、魚の目の根の深さで効果が異なります。

貼ってから芯を取るまで2~3日の間絆創膏を貼り続けるなど、芯をふやけさせるまでの時間が必要です。軽度の魚の目の対処法として有効ですが、深い場所にある芯が残っているケースがあり、何度も魚の目が再発したり、悪化してしまうリスクがあります。

また、薬をあまり塗布しすぎると周りの健康な皮膚まで取り除いてしまうので十分な注意が必要です。これらの製品を利用する場合は、必ず取扱説明等を良く読んで、ご自身の状況に合っているのか確認をしてください。

自宅での自己流の対処ではご注意ください

ピンセット、カッター、カミソリ、はさみ、爪切りなどを使って、魚の目をえぐって取ろうとしてもは硬い芯は取りきれません。中途半端な方法で荒療治しても、部分的に表面を削っているだけで、結局は何度も魚の目が再発してしまいます。皮膚を傷つけてしまい、ばい菌で化膿することもありますので、不用意な刺激は与えないようにしましょう。

(2)病院やクリニックを受診する

魚の目が悪化している場合は、早めに専門医のいる病院で適切な指示を受けるようにしましょう。皮膚科では魚の目の根の深さや大きさを調べ、状態に合わせた対処が行われます。一部を例としてご紹介します。

  • 液体窒素で皮膚を凍結・壊死させることによって魚の目を除去する「冷凍凝固療法」があります。期間をおいて複数回繰り返し通院しなければならず、デメリットとしては冷たいを通り越して刺すような痛みを伴います。
  • 大きさと深さのあるウオノメに対しては、メスによる切除
  • レーザーでウオノメの芯を焼く(保険適用外なので費用は高額になることがある)

特に、魚の目ではなくイボの可能性がある場合は、病院の皮膚科を受診して下さい。また、魚の目の周辺の皮膚が腫れてたり化膿してしまっている場合には、炎症に対する対処が最優先です。(ドクターネイル爪革命から提携医療機関をご紹介することも可能です。)

(3)フットケアサロンの魚の目ケア

フットケアサロンにはフットケア専用機器があります。ドクターネイル爪革命では独自のマシンを使い、痛くなく快適に魚の目のケアを行います。大きさ、深さにもよりますが、約3~5分程度で魚の目の芯を削ることができます。

 

Page Top