肥厚爪・変形爪ケア (原因と予防) | 用賀のネイル&まつ毛エクステ・ドクターネイル+CURE(プラスキュア)用賀店

Topics

肥厚爪・変形爪ケア (原因と予防)

 

肥厚爪(厚い爪)変形爪ケア(原因と予防)について

肥厚爪(ひこうそう)とは?

爪が育ちすぎて分厚くなる症状のこと。爪の上方に重なって厚くなる「厚硬爪甲(こうこうそうこう)」と爪の下に角質が増殖して厚くなる「爪甲下角質増殖(そうこかかくしつぞうしょく)」があります。

 

厚硬爪甲とは

爪全体が上に厚く硬くなる状態。放置すると湾曲したり突出したりすることもあります。爪の色が変色(灰色→茶褐色→黒色→緑色)に混濁していき、爪の表面も凸凹になってきます。

爪甲下角質増殖

爪の下に角質が増殖することで、爪床(そうしょう)から押し上げられるとともに、押し上げられた爪が厚くなっていきます。

 

ドクターネイル爪革命の肥厚爪などの施術方法とは?

厚いお爪を専用マシンで削っていきます。お爪の厚みを整え、お爪の間の角質をきれいにしていきます。通常のマシンでは摩擦熱や粉塵が飛びますが、ドクターネイル爪革命専用マシンは水と空気を一緒に放出するため、摩擦熱や粉塵が飛び散りません。痛みもございません。

初めは緊張しているお客様も時間が経つと、施術中お休みになられている方がほとんどです。

ドクターネイル爪革命施術一例

画像をクリックすると肥厚爪・変形爪ケア(原因と予防)の詳細に移ります。

ドクターネイル爪革命HPより引用

Page Top