角質ケア・たこケア (原因と予防) | 用賀のネイル&まつ毛エクステ・ドクターネイル+CURE(プラスキュア)用賀店

Topics

角質ケア・たこケア (原因と予防)

角質ケア・タコケア(原因と予防)について

胼胝(べんち)タコは何故できる?

圧迫・摩擦などの刺激が、長時間にわたり繰り返して作用することにより出現する限局性の角質増殖である。外方に向かう角質増殖がほぼ均一であることが特徴。別名たことよばれる。

<胼胝イメージ図>

赤い矢印が外方向に向かって厚くなる。

人によっては痛みを伴う

ドクターネイル爪革命での胼胝施術方法とは?

ドクターネイル爪革命では、硬いタコの部分をコーンカッターで削ります。

柔らかく自然な皮膚にするため、ドクターネイル爪革命専用マシンで水と空気を一緒に出しながら皮膚を柔らかくしていきます。(ほぼ無痛施術になります)

柔らかく自然な皮膚にするために、施術後はクリーム(水分の多いモイスチャークリーム)などで保湿していきます。

特に足の裏には、汗腺(汗の腺)はありますが、皮脂腺(脂の腺)が無い為、保湿は必須です。

足裏の角質ケアについて

足裏は角質層が他の部位に比べてもともと厚いのですが、歩く事により常に刺激を受ける場所であるため、刺激を受けてさらに角質が厚くなっていくという特徴があります。 また、他の部位よりもターンオーバーが早く進むため、角質ができやすく、古い角質がはがれ落ちにくい場所でもあるため、角質が硬くなります。

足裏には汗腺がとても多く、大量の汗をかきます。ところが皮脂腺はなく、肌の水分を維持するために必要な皮脂が分泌されません。常に乾燥状態で、古い角質がはがれ落ちず蓄積し、皮膚がガサガサになってしまいます。

ドクターネイル爪革命の施術方法(角質ケア)

コーンカッターで硬い角質部分を除去します。その後、足裏専用のかかとやすりで足裏の皮膚を柔らかくしていきます。仕上げにドクターネイル爪革命専用マシンで仕上げていきます。保湿は必須です。

アフターケアについて

お風呂上りに保湿クリームを毎日続けるとターンオーバーがきちんとおこり柔らかく自然な皮膚が続きます。ご自身で削る方は1カ月に1度を目安(ターンオーバー周期)にして下さい。

硬くなったからと月に何度も繰りかえしていきますと、弱に皮膚が弱くなったり角質が逆に増えたりといった現象になりますので、注意しましょう。

定期的にプロのケアサロンで行うことをお勧めいたします。

特に冬にガサガサする方は、夏ごろからケアをすることがポイントです。

 

 

 

 

ドクターネイル爪革命施術一例

画像をクリックすると角質ケア・胼胝(べんち)タコケア(原因と予防)の詳細に移ります。

ドクターネイル爪革命HPより引用

Page Top