魚の目が取れる瞬間動画 | 用賀のネイル&まつ毛エクステ・ドクターネイル+CURE(プラスキュア)用賀店

魚の目が取れる瞬間動画

 

ー魚の目ができて痛くなるまでの過程は次の様になりますー 魚の目ができるまで いつも同じ場所に圧力・摩擦・刺激が加えられている 防御反応から皮膚の角質が厚くなる 角質が皮膚の深部(内側)に向かって厚くなってゆく 角質の芯ができ、神経を圧迫して痛む 大きめの靴なら足に負担がかからないと思っている方がいるかもしれませんが、靴の中で足が動いてしまい摩擦が起こります。摩擦や刺激はタコや魚の目ができる原因となります。 また、ハイヒールなどをはき続けることによって重心が前に偏り、足裏のアーチがくずれてしまう「開張足」を引き起こしていると、足裏の衝撃を分散吸収してくれなくなる為、魚の目やタコができやすくなります。 魚の目ができる原因は様々ですが、刺激や摩擦などの直接的な要因と、角質が溜まりやすいなどの間接的な要因が考えられます。

Page Top