巻き爪でお困りの方へ | 用賀のネイル&まつ毛エクステ・アイラッシュサロン+CURE(プラスキュア)

Topics

巻き爪でお困りの方へ

巻き爪の原因・巻き爪補正とは?

巻き爪になる原因は様々です。考える原因として下記の5つに分かれます。

  • ① 遺伝
  • ② 加齢
  • ③ 爪の切り方
  • ④ 履いている靴の形
  • ⑤ 運動・スポーツ

① 遺伝

これは巻き爪が遺伝するということではなく、「なりやすい」爪の形が遺伝するという意味合いです。
両親のどちらかが巻き爪の場合、子どもが巻き爪になる可能性は高いみたいですね。

② 加齢

爪は、加齢によって厚くなります。厚くなると、爪全体に水分が届きづらくなり、爪が硬くなります。
また、爪は乾燥すると縮んでしまうので、爪の下層の柔らかい部分とともに巻いてしまうのです。
これが加齢による原因です。

③ 爪の切り方

巻き爪の原因に「深爪」があります。足の爪を切るとき、理想的な長さは、先端の指の肉くらいまでの長さです。そのとき、サイドはスクエアに残すのがポイントです。
短すぎたり、サイドの部分を切って丸くしてしまうと、爪が食い込む原因になります。

④ 履いている靴の形

女性は、パンプスやヒールなど先の狭い靴など。男性だと先の尖った革靴やサイズの合わない靴。これらは巻き爪の原因になりやすいようです。
それだけではなく、外反母趾の原因にもなるので気をつけましょう。
オーダーのシューズや、夏場ならサンダルなど爪になるべく負荷のかからないものを選ぶのが大事です。

⑤ 運動・スポーツ

つま先に負担のかかる運動やスポーツをしている方は注意が必要です。例えば、ダンスやサッカー、バレーボールなどです。
靴の中に入れる緩衝材がスポーツショップで販売されているので、それを使うだけである程度予防はできそうです。

巻き爪の予防とケア (B/Sブレイス方式)

巻き爪になりにくい状態を保つには、お足元の定期的なお手入れが大切です。
お爪を正しい長さ・形にカットし、きちんと保湿するだけでも巻き爪の予防には効果的です。
+CUREでは、ご自身で取り除くには難しいお爪周りの角質除去もしっかりと行っています。(衛生処理)また、パックやマッサージをすることにより、代謝が上がることで巻き爪の予防になります。

+CUREでは、軽度~中度の巻き爪に対して、ドイツで生まれた「B/Sブレイス(B/Sパンゲ)方式」を取り入れております。

B/Sブレイス

グラスファイバー製の薄い板を貼りつけて、張力で爪の両端を引き上げて正常な爪の形にしていく方法です。
3~4週間に一度程度、数ヶ月間プレートの張替えが必要ですが、爪に穴をあけたり切ったりすることがないので、痛みが伴わないです。
なお、爪水虫や爪の剥離、巻き爪による炎症がある場合はB/Sブレイス方式が使えないケースもあります。
痛みがひどい場合、化膿している場合は施術は出来ません。

メリット 施術に伴う痛みがない。
プレートが薄く目立たない。
日常生活に支障がない。
装着後すぐ痛みが軽減される。
デメリット プレートが爪から外れてしまうことがある。
期間が長い(半年~1年程)

時間が短く、痛みもないため、お客様に負担の小さい方法です。また、プレートが薄いためペディキュアもできるというのも女性に嬉しいポイントです。

☆ペディキュア写真参考ネイル(親指に薄いプレート有り)

ペディキュア写真参考ネイル(親指に薄いプレート有り)

※マニュキアはOKですが、ジェルは出来ません。

その他、詳細についてはスタッフまでお問い合わせください。

B/Sブレイスについて

巻き爪・陥入爪でお悩みの方にオススメです!

B/S ブレイスクイックはドイツ生まれの巻き爪矯正技術です。
グラスファイバー製のブレイス(板状のスプリング)を爪に装着すると、ブレイスの張力によって爪を持ち上げ、爪が内 側へ生えていこうとする作用を平に向ける作用をします。
痛みが伴う巻き爪の場合、装着後短時間で痛みが軽減させることができます。

B/S ブレイスクイック

上からネイルポリッシュを塗ることもできます!

B/S ブレイスクイック

B/S ブレイスクイックは爪に直接装着できるため、従来の方法のように爪や周囲の皮膚を切ったり、傷つけることはありません。
また、処理中に痛みを 感じることもほとんどありません。(施術時間:30分程度)
また、ブレイスは半透明の板なので、見た目もほとんど気になることがなく、凹凸も少ないので,女性の場合ネイルポリッシュを塗る事もできます。

B/S ブレイスクイック

1回のブレイスの装着期間は、約4週間となります。(ブレイスの張力が弱くなるため)
矯正期間は、巻き爪の度合い、爪の厚さなどにより個人差はありますが、約6ヶ月~9ヶ月となります。
約月に1度ブレイスを交換し、効果を確かめながら継続していきます。

B/S ブレイスクイック施術の流れ(施術時間:30分程度)

施術前:巻き爪の状態の確認をします。状態によっては処置の前にファイルで削る場合があります。

B/S ブレイスクイック施術の流れ1 B/S ブレイスクイック施術の流れ2 B/S ブレイスクイック施術の流れ3 B/S ブレイスクイック施術の流れ4 B/S ブレイスクイック施術の流れ5 B/S ブレイスクイック施術の流れ6     B/S ブレイスクイック施術の流れ7

B/S ブレイスクイック施術後の注意事項

  • なるべく足の指に負担のかからない靴を履いて下さい。 (ヒールの高い靴、先の細い靴、小さい靴を 履いていると効果が上がりません。)
  • 通常と同じ生活をして構いませんが、足をふやかす様な事を行うと(水泳、サウナ、半身浴、温泉、 長時間の運動など)ブレイスがはがれる原因となりますのでご注意下さい。
  • 爪の角は丸く切らないで下さい。深爪の原因となります。
  • ブレイス装着後はネイルポリッシュを塗る事ができますが、ジェルネイルなどの人工爪はブレイスの張力を妨げるので使用しないで下さい。
  • ブレイス装着期間中(張り替えるまでの期間)にネイルポリッシュの色を落とす場合は、アセトンと油分の入っていないポリッシュリムーバーを使用して下さい。
  • 万が一ブレイスがはがれてしまった場合には、なるべく早めのご来店をお願い致します。
  • B/Sブレイスは矯正の為、平均で6ヶ月~9ヶ月の矯正期間が必要です。
  • 約1ヶ月に1度、爪に合わせたブレイスの張り替えが必要となります。 (装着持続期間は個人差があります。)

B/S ブレイスクイックの装着ができない方

  • 陥入爪、巻き爪により傷ついたり、化膿、炎症を起こしている方。
  • また爪が剥離、内出血している方。( 皮膚科などのお医者様の診断を受けたほうが良いでしょう。)
  • 爪が極端に薄い方。
  • 爪白癬(水虫)の方。
Page Top